強欲に心を支配される

トレードにおいて常に意識していること、、、

それは、欲をコントロールすること。

求めすぎると結局うまくいかず、すべての歯車が噛み合わなくなることがある。

この事をラリー·ウイリアムズから学びました。

 

強欲に心を支配される

強欲はわれわれに動機を与えたり、優秀でありたいと思わせたり、完璧を求めさせたりする。しかし、トレードは完璧なゲームでもなければ完璧なビジネスでもない。したがって、強欲に駆られた者は負けトレードであれ、勝ちトレードであれ、必要以上に長く保持してしまうことになる。

 さらに、私が身をもって知ったのは、強欲の方が恐れよりも強い感情であるということ。お金を失うことを恐れて早く手仕舞いしすぎることよりも、ポジションを長く持ちすぎる(強欲)ことの方が損失を増大させる。強欲は命取りになる。

 解決方法は? 手仕舞う位置を決めておくことである。

利食いする場所がわかっているのだから、そのシステムのルールに従う限り、あなたの心に強欲が忍び込む余地はもはやない。損切りを置き、手仕舞いルールを設けることで強欲をしっかりコントロールすれば、感情に支配されることなくトレードできるのだ。

 

 

        f:id:hide0118hamatake:20190308214720j:plain

 

からの抜粋になります。

 

 → ラリー·ウイリアムズの短期売買法

 

参考になれば幸いです。