1/11 今日のトレード 3

今回のトレードは、  +150  となった。

 

6232   自立制御システム研究所 

株価は開始後に下降失敗の下ヒゲを付け、3720 を抵抗線としてペナントを形成。上昇サインが揃っていることから、抵抗線のbreak out を狙う。

 

10:46   3730  で  300  株購入。条件は、 +50 / -30。

f:id:hide0118hamatake:20190111184027g:plain

 

株価は、3760   (+30)  を達成したため、stop 位置を調整。

10:46   3740   (+10)  にトレイリングストップ

f:id:hide0118hamatake:20190111181948g:plain

 

株価は、3770   (+40)  を達成したためstop 位置を調整。

10:47   3750   (+20)   にトレイリングストップ

f:id:hide0118hamatake:20190111182011g:plain

 

株価は一気に上昇し、目標株価を達成。

10:47   3780   +50 × 3  でトレード終了。

f:id:hide0118hamatake:20190111182032g:plain

 

今回のように、勝てるトレードはentryから目標利益達成までが非常に短時間であると感じた。

それは、entryのタイミングが値動きにしっかりと連動(反応)できているためなのか!?と思った。

ということは、、、、

entry後にレスポンスの悪い銘柄は、負ける確率が高いのでは!?

今までのトレードを振り返って、検証しようと思えるトレードになった。

検証して今後のstop方法に反映していきたいと思います。

 

( 6232の5分足チャート )

f:id:hide0118hamatake:20190111211301g:plain