期待値

期待値という考え方

 

期待値とは、トレーディングで生き残るために欠かせない考え方。

 

「期待値もなくトレーディングを行うのは、ナイフで銃に立ち向かうようなもので、あまり利口なやり方ではない。」  by  ブレント·ペンフォールド

 

期待値とは何か?

 

期待値とは、あなたの売買ルールでリスクを取る資金当たりに稼ぐと期待できる金額のことを言う。

 

式にすると・・・、

 

期待値 = ( 勝率 × 平均利益 ) - ( 敗率 × 平均損失 )

 

と表す。

 

例えば、4人のトレーダーがいて独自のシステムで売買した結果。。。

            

トレーダー                   A            B              C              D

勝ちトレード数           6            9             7               3

負けトレード数           4            1             3               7

勝率   (%)                    60          90           70            30 

平均利益                  5000      3000      6140        22660   

平均損失                 -5000     -5000     -5000       -5000

ペイオフレシオ          1             0.6           1.2            4.5

期待値  (%)                   20            44            56             66  

 

となった。

 ( ペイオフレシオ  =  平均利益  /  平均損失 )

 

この4人のなかで優れたシステムはどれか・・・?

  

答えは、「 D 」 さん。

 

この場合、もっとも勝率の低いトレードシステムが利益も期待値も高くなっている。( これは勝率の低い売買ルールが全て最も高い期待値を出すという意味ではないことに注意! )

 

すなわち、

システムの平均利益が平均損失よりもかなり大きければ、勝率が低くても期待値が大きくなる。

 

このことから、トレードをする際は、かなり確かなプラスの期待値を持つ売買ルールを作ることが重要となる。そして、その期待値は勝率とペイオフレシオから成り立っていて、どちらかだけを気にしすぎてはいけない。

大切なことは、期待値に焦点を合わせ勝率もペイオフレシオも一緒に向上させること。

 

トレードを始めて誰しもが思うこと。それは・・・、

「 すべてのトレードで勝ちたい! 」 ということ。

 

例えば、勝率が 90% で平均利益が 3000 円、敗率が 10% で平均損失が 30000円のシステムの場合。。。

 

期待値 = ( 0.9 × 3000 ) ー ( 0.1 × 30000 ) = -300

 

期待値はマイナスとなり、90%は勝てるが最終的には資金をなくしてしまうシステムといえる。

勝率を追求するあまり、少額の損切りができずに気付かぬうちに相場に支配されてしまうのである。

 

あなたの売買システムは、利益と勝率の組み合わせで決めるべきである。

さらに、売買システムの相対的な価値を判断するには、 売買の頻度( 機会 ) も考慮しなければならない。

  

 

→  月別トレード結果 

 

→ 機会について

( 参考文献 )

      

                「 魔術師たちの心理学 」

 f:id:hide0118hamatake:20190126173501j:plain

 

 

                「 システムトレード 基本と原則 」

 

f:id:hide0118hamatake:20190126174004j:plain