現実と向き合う

トレーディングの唯一本当の秘密は····、

最もうまく負ける人が最後は勝つ。 」   システムトレードの基本と原則 より

 

大部分のトレーダーは潔く負けられない。彼らは損をするのを嫌がる。それで、損切りの逆指値を動かしてトレードを続ける理由を探して、行動を合理化する言い訳を色々と見つける。

口座にお金が残っている間は、この負けポジションを無視するが、含み損が大きくなってもはや無視できなくなると、手仕舞を強いられて壊滅的な損失を出す。トレードが好転すると思える限りは、避けられないことを遅らせる。人は自分の間違いを認めたがらない。ほとんどの人がトレードで負けるのは、潔く負けられないからだ。

 

トレーディングでは損は避けがたいということを学べば、成功に向かって具体的に一歩踏み出したことになる。負けを嫌がり続けていると、いつか破産するだろう。長期的に見てトレーディングで成功するには、うまく負けなければならない。

あなたは今、含み損を抱えながらトレードを続けていて、取引資金の損を取り戻そうとしているのだろうか。それなら、今はトレードから離れるのが一番だ。それが難しいことは分かっている。だが、気を病むことはない。それは失敗ではないのだ。あなたが期待値をプラスにできるまで、トレーディングを中断するだけなのだ。

 

あなたの方法がうまくいかないのは、それにエッジ(優位性)がなく、期待値が検証されていないからだ。あなたは自分の売買ルールの期待値を検証する必要がある。

 

 

トレードを始めた頃は、「うまく負ける」という意味がわからずトレードをしていました。そして、欲も加わりポジションが大きすぎたり、トレード回数が多すぎたりとすべての行動が損失の増大に繋がっていました。

色々とトレードに関する手法を学んで初めて「負ける」ことの大切さに気づきました。トレードをしていて、初めから「負ける」ことの重要性には気づけないと感じています。まだまだ上手くコントロールできないけれど、売買システムに基づいたうまい「負け方」を構築したいと感じさせられる項目の紹介でした。