気配置スクリーンを見ながらトレーディングする人たちはどうやって儲けているのだろうか

短期トレーダーの目標はたった1つかない・・・。

それは、「市場の現在のトレンドをとらえること。

これが短期トレーダーの目標だ。あなたがやるべきことはこれだけである。

 

なんだ、簡単じゃないか、と思うかもしれないが、実はこれは簡単どころではない。

理由は2つある。

第一に、トレンドを見つけることはそれ自体が芸術であり、科学であるということだ。しかも、抽象芸術だ。ピカソセザンヌシャガールをごちゃまぜにしたようなものなのである。

第二に、トレンドの変化をうまく見つけられたとしても、それに過剰に反応して全てをダメにする。特に買ったものが含み損になっているか、わずかな含み益になっているときに、突然売りシグナルが出るとパニックに陥る。

 

デイトレードと自分の長期的な展望を混同してはならない。長期的な展望は将来的に起こることに関することである。デイトレーダーは将来のことなど気にしていないし、している暇もない。彼らの関心事は今の短期トレンドをとらえることだけである。したがって、短期トレーダーとしてのあなたの使命は市場の動きについていくことである。

市場が上昇していれば買い、下落していれば売る。短期の天井や底を言い当てようとすれば、手持ち資金はたちまち底をつく。確実に。

常にトレンドに寄り添うことが重要なのだ。短期トレーダーにとって唯一のフレンドはトレンドなのである。

 

強欲は恐怖よりも強い感情だ。「持ち続けて祈る」人が多いのはこのためだ。しかし、これは現在の新しいトレンドを無視することに他ならない。ハンドルを切り直さなければならなかったところで、きっと元のトレンドに戻るはずだと祈りながら買いポジションにしがみつく。間抜けなやつは祈り、勝者は素早く方向転換する。

 

我々は非常に難しい2つのことをやろうとしている。

それは、トレンドの変化を見つけることと、自分自身の裏をかいて、自分の「脳」に打ち勝つこと。

これを認識することが重要だ。これは大きな挑戦だ。

 

トレンドの変化を見つけるために私が最初に考えついた方法は、短期の高値と安値を「丸で囲む」という考え方がベースになっている。短期の高値と安値をまるで囲むことで、短期スイングポイントを見つけることができる。

価格が短期の高値を上回れば、それは上昇トレンドから下降トレンドに代わるサインであり、逆に価格が直近の短期の安値を下回れば、それは下降トレンドから上昇トレンドに代わるサインである。

この考え方をしっかり頭に叩き込んでもらいたい。


 ( 個人的意見 )

この一つの章でデイトレードの考え方をとても上手くまとめていると感心させられる。実際に、swingトレードをするうえでデイトレードと考え方が混同することがあるので、どちらの考えをもとにentry するのか見極め、時にはこの章を一読してからトレードに望んでもいいかもと思っています。

いつも見識の深さに感銘を受けます。

 

 

   f:id:hide0118hamatake:20190308214720j:plain

からの抜粋になります。

 

 → ラリー·ウイリアムズの短期売買法

 

参考になれば幸いです。