5/8 今回のトレード 2

3773   アドバンスト·メディア   -2,086 

 

5/7 に大きく上方にbreak out したことから候補銘柄としてpick up 。 

f:id:hide0118hamatake:20190508220747g:plain

 5/7 の値動きを5分足チャートで見て、1590 を抵抗線としてペナントを形成していることを確認。買い圧力が収斂し、上方に再びbreak out すると判断して、値動きをチェックすることに。

 

5/8 は開始前に買い圧力が若干強い状態。

一時的に株価が下降した後、直ぐに反発したことから下落失敗のサインと判断してentry 。

f:id:hide0118hamatake:20190508220818g:plain

 

(株)アドバンスト・メディア
[東]3773
新規(無期)
100 成行 05/08
[09:34]
当日 約定済 100株-1,575円[09:34]

 

 entry 後、株価は徐々に下降を開始。結果的に一番高値でentry することとなってしまった。

マーケット開始時に付けていた 1560 の抵抗線より下にstop を設定。

そのままstop となった。

f:id:hide0118hamatake:20190508220837g:plain

 

(株)アドバンスト・メディア
[東]3773
返済(無期)
追跡(-)
100 1,555 到達1,555
1,555
05/08
[09:36]
当日 約定済 100株-1,555円[09:46]

 

(株)アドバンスト・メディア
[東]3773
返済(無期) 100株
1,555円
-2,086

 

 値動きやサインが重なってはいたが、思惑通りに値が動かない展開となった。

しかし、stop を直近の抵抗線に設定することで損失を最小限に抑えることができたと感じた。

entry する際に、「 もし上手くいかなかったら····。 」と頭の隅で考えることが少しずつできるようになってきたと思う。

やはり、マーケットでは上手く負けることが重要なのだと感じた。

そして、両者とも大切な考え方だと実感しました。