5/31 今回のトレード

 6800   ヨコオ   +27,021 

 

5/27 に1850 付近の抵抗線を突破し、1950 付近の抵抗線に3topを付けたことを確認。買い圧力が集中していると判断し、候補銘柄にpick up 。

 

 ( 5/31の日足チャート )

f:id:hide0118hamatake:20190531144623g:plain

 

5/28 にギャップを付けて寄り付き、2020付近に2topを付ける。

その後も株価が下降しなかったことから株価は上昇すると判断し、entry 。

 

f:id:hide0118hamatake:20190531144641p:plain

 

(株)ヨコオ
[東]6800
新規(無期)
逆指(-)
300 成行 到達2,030
成行
05/28
[13:20]
当日 約定済 200株-2,030円[05/28 13:37]
100株-2,029円[05/28 13:37]

 

高値でentry することになったが、高値付近で引けたことから翌日に持ち越すことに。。。

 

5/29 は下げて寄り付くが、気配値では売買が拮抗した状態。

2000 の支持線に2topを付けた後、大きく反発したことから下落失敗のサインと判断し、再びentry 。 

株価はその後下降することとなるが、stop位置を5/28の底値付近( 1950 )に設定して値動きをチェック。

 

f:id:hide0118hamatake:20190531144641p:plain

 

(株)ヨコオ
[東]6800
新規(無期)
逆指(-)
300 成行 到達2,020
成行
05/29
[09:16]
当日 約定済 300株-2,022円[05/29 09:54]

 

 5/30 に値動きが2000前後に収斂した後、株価は上方に反発。

気配値でも再び買い圧力が徐々に優勢な状態を確認できたことから、翌日に持ち越すことに。。。

 

5/31 は下げて寄り付くが直ぐに反発し、高値を更新。

その後も下落失敗して株価は反発。

買い注文が集まっていることが確認できたため、トレイリングストップしながら値動きをチェック。

値動きに応じて、2070 と 2080 にそれぞれstop を設定し、利確となる。

 

f:id:hide0118hamatake:20190531161247g:plain

 

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期)
逆指(-)
600 2,070 到達2,070
2,070
05/31
[11:26]
当日 取消済 100株-2,070円[11:30]

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期)
逆指(-)
200 2,070 到達2,070
2,070
05/31
[12:31]
当日 約定済 100株-2,070円[12:31]
100株-2,070円[12:31]

 ( 前場で注文通らず、後場で利確となる。 )

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期) 100株
2,070円
4,271

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期) 100株
2,070円
4,373

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期) 100株
2,070円
3,737

 

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期)
逆指(-)
300 2,080 到達2,080
2,080
05/31
[12:49]
当日 約定済 300株-2,080円[13:00]

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期) 200株
2,080円
9,268

 

(株)ヨコオ
[東]6800
返済(無期) 100株
2,080円
5,372

 

今回は、高値更新後の再break を捉えることができた。

株価が収斂していく様子を気配値と値動きから読み取れたことがプラスにつながったと感じた。

だが、今回はstop 幅が広かったため、その際の損失額も大きくなっていたと反省した。そう考えると、今回のようなトレードはリスキーであると痛感。

もう一度、entry のタイミングや株数と損失額の関係を検討しなければならないと感じるトレードとなった。